血糖値測定器

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。

血糖値測定器の必要性

糖尿病の診断は空腹時血糖値とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数値で 判断されます。

血糖値は食前、食後、起床時等のタイミングでかなり数値が変動するため、 継続して計測しながら、経過を観察することが正確な糖尿病診断につながります

運動、食事、禁煙などの指導を受けるとともに、自宅で血糖値を測定して 記録すると、医師にとっても的確なアドバイスの助けとなるのです。

また、患者自身が自分の血糖値の変動を知ることが、糖尿病治療の 自覚を促すよい材料となります。
血糖値測定器は市販されており、操作も難しくないので、 糖尿病と診断されたり、境界型と注意された方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

血糖値測定器の選び方

血糖値測定で一番重要なのは、継続して記録を残すことです。
各メーカーごとに、様々な工夫をこらした血糖値測定器を発売しています。

選び方のポイントをあげると

■□痛みが少ない
血糖値測定には採血が伴いますが、針を刺す時の痛みが できるだけ少ないものを選びましょう。
その痛みがストレスになると、毎日の計測継続が難しくなります。

従って、血液採取の場所が指先限定のものではなく、 全身色々な部位で採取できるものを
選んだ方がよいでしょう。 指先は、実は痛みを感じやすい部位なんですね。
親指の付け根とか、前腕、太腿、上腕などは比較的痛みを 感じにくかったり、血液採取が楽なようです。

■□消耗品価格が安価
血糖値測定器を利用するにはメーカーによって多少の違いがありますが、
測定器本体・針・ストリップセンサー・グルコス液の4つが必要です。

このうち消耗品であるセンサーが安価なものが経済的負担が少なくて オススメです。
また、血糖値測定器本体を購入する前にセンサーがいくらで買えるか、
インターネット通販サイトなどで比較して確認した方が無難です。
本体の価格が安くても、センサーの価格が高めだと、積み重ねでは 得と言えない
ケースが出てくるからです。

■□軽量コンパクト
毎日測定している場合、旅行や外出先でも計測したい場合がありますので、
軽力コンパクトが重宝します。

■□測定記憶容量
その場で確実にメモがとれる、とも限りませんので、 記憶容量がなるべく多いもの、
一般的には400回程度あると便利です。

以上のようなポイントを確認し、レビューや口コミを参考にしながら 血糖値測定器を選んで下さい。

1位 フリースタイルライト(アボット)
2位 プレシジョンエクシード(アボット ジャパン)
3位 アセンシアブリーズ2(バイエル薬品)
4位 ニプロケアファスト(ニプロ)
5位 アキュチェックアビバ(ロシュ・ダイアグノスティックス )
6位 ディセーフミニ(テルモ)

血糖値測定のタイミング

毎日計測することが大事、ですが、更に、日々同じタイミングで計測 を続けることが重要です。
血糖値は喫食で相当変動しますので、 毎日異なるタイミングで計測しても、変化を比較できません。

食後とか食前とか、起床後とか、自分で続けやすいタイミングを 見つけましょう。
できれば月に数回は1日に数回計測すると、更によいでしょう。
(1日の生活での血糖値の変化を知るために)

毎食前毎食後で6回計測すると1日の変動がよくわかります。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。