糖尿病 アルコール

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。

糖尿病でもお酒を飲んでもいい人とは?

糖尿病になるとアルコールが禁止、制限されることが多いのですが、
中には条件付で飲酒許可が出る患者さんもいます。

さて、その条件とは?

血糖値コントロールが基準値内で良好
合併症がない
薬を服用していない
禁酒が必要な病気ではない
アルコール依存症になる恐れがない(自制心がある)
インスリン注射をしていない

上記条件全てにあてはまれば飲酒を許可されることがあるようです。
ただし、いくら飲んでもいいということではないのでご注意を。
適量を守り、更に禁酒日を設け、連日飲酒しないことも必要です。

そもそも適量、というのはお酒が好きな人には物足りない量なのです。
そこでストップできない、やめられない人がお酒を飲みたがるともいえますね。

途中で切り上げるのは強い意志が必要ですが、酔えば難しいのが実情。
だったら、思い切って禁酒してもいいかもしれません。

飲んでもいいとはいえ、糖尿病にアルコールはあまり勧められないもの ですし、
できれば飲まない方がいいのですから。

糖尿病とアルコールの関係

ではなぜ糖尿病にアルコールはよくないのでしょうか?
いくつかの理由があるのですが代表的なものをあげてみると

カロリーオーバーになりがち
お酒は高カロリーです。アルコールは1gあたり7キロカロリー換算。
例えば、アルコール度数13度のワイン1本で 約680キロカロリー摂取となるのです。

アルコールはカロリーを摂取しても、栄養はありません。 ただし、飲めば何か食べるのが普通で、
しかも高塩分、高脂肪食品が 多いため、結果としてカロリーオーバーになる可能性が高いのです。

インシュリン分泌の悪化
お酒を飲むと、アルコールが体内でアセトアルデヒドに分解されますが、
このアセトアルデヒド、実はインシュリンの分泌を悪化させるので、注意が必要です。
糖尿病患者がアルコールをとらない方がよい理由の一つです。

血流ドロドロに
アルコールの利尿作用で体内の水分が失われ、血流が悪化します。
朝まで血流が改善されない、ということも多く、様々な合併症を引き起こす 可能性が高まるのです。

他にも高脂血症や肥満の原因となるなど、アルコールは糖尿病にとって よいことは殆どありません。
飲酒許可が出ている人でもできれば禁酒した 方がよいのは間違いないのです。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。