糖尿病 薬

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。

糖尿病の薬の種類

糖尿病の薬物療法に使われれる経口薬はその薬の作用する部位や 仕方によって
大きく3つに分類されます。
どの薬を服用するかは、患者の状態に合ったものを医者が判断します。

  1. インスリンの働きをよくする薬(肝臓・筋肉)
    ビグアナイド薬・チアゾリジン薬
  2. インスリンの分泌を増やす薬(膵臓)
    速攻型インスリン分泌促進薬・スルホニル尿素薬
  3. ブドウ糖の吸収を遅らせる薬(小腸)
    αーグルコシダーゼ阻害薬

糖尿病は原因やタイプも異なり、患者によって発病した理由も違うこと、
また同じ患者でもインスリン分泌の働きや程度は変化していくため、 治療方法は異なります。

例えば食後の血糖値が高い患者にはブドウ糖吸収を遅らせる薬を出すなど、
一人一人に合った薬が処方されます。
また1種類では効果が十分でない場合、作用の 異なる糖尿病治療薬を出す場合もあります。

具体的な薬名(商品名)は以下の通りです。

ビグアナイド薬
ジベトス、グリコラン、メルビン、メデット

チアゾリジン薬
アクトス

スルホニル尿素薬
アマリール、ダオニール、オイグルコン、グリミクロン、ヘキストラスチノン、
アベマイド、グルデアーゼ、デアメリン、ジメリン

速攻型インスリン分泌促進薬
ファステック、スターシス

αーグルコシダーゼ阻害薬
グルコバイ、ベイスン、セイブル

糖尿病治療薬の注意事項

糖尿病の薬物治療で重要なことは、毎日決められたタイミングに 決められた量を
きっちりと服薬し続ける
ことです。

糖尿病の薬で注意したいのは飲むタイミングです。

従って、自分が飲んでいる薬の作用の仕方、特徴をよく理解して なぜこのタイミングで飲むのか、
ということを頭に入れておきましょう。

ただ、どんなに注意しても飲み忘れることがあります。
そういった場合に備えて、常時1回分は持ち歩くことと、 飲み忘れた場合の対処法について
予め主治医に確認して 対処方法を学んでおくことも重要です。

新薬・インクレチン関連薬への期待

これまでの薬は血糖値を降下させる、インスリンの働きをよくする等に 有効でしたが、
現在、全く異なる作用をもつ、糖尿病新薬が登場し、 実際に利用され始めています。

それがインクレチン関連薬。インクレチンというホルモンの働きを 利用して、膵臓に働きかけ、
インスリンの分泌を促します。

メリットは、高血糖の時に作用して、低血糖の時には作用しない ということ。
今までの薬では血糖値を下げる作用が、低血糖を招く副作用が心配されて いましたが、
インクレチン関連薬には低血糖の心配がありません

また体重増加を起こさないのもメリットの一つです。
ただし、人によっては吐き気や嘔吐を起こす副作用が心配されます。

最大のメリットは何かといえば、

"インクレチン関連薬で治療を続けることで糖尿病が治るかもしれない"
という可能性が出てきたということでしょう。

ただし、飲めば治る、ということではありません。 どんなにインクレチン関連薬が有効でも、糖尿病の原因となる 生活習慣を改めず、いい気になって暴飲暴食を繰り返せば、 また血糖値は上昇します。
大事なのは、薬でコントロールすればよい ということではなく、血糖値を上げない生活を心がけるということです。

■□ 最新の糖尿病対策とは?
糖尿病克服法ランキング

糖尿病克服法 人気ランキング

一般に糖尿病は一生治らない病気だといわれています。
しかし、実際に医者も驚く、糖尿病克服法はあるのです。

これまで大勢の方の血糖値を改善した、誰でも自宅で簡単に
実行できる
、話題の糖尿病改善法を厳選して紹介しています。